人気ブログランキング |

荒野のコーマス屋敷

「メニム一家の物語」シリーズの第2巻。

c0025724_2031310.jpgまず、私はこのシリーズを出している講談社に文句を言いたい。

というのは、図書館で2巻と3巻を借りてきて読み始めたら、、、それは3巻だったのです。2巻のネタバレをしっかり読んでしまいました。もちろんきちんと確認しなかった私が悪い。でも左の画像を見てください。どこに「2」があるかわかりますか?



c0025724_20112695.jpg右は背表紙の拡大画像です。
一番上の青い楕円の中に、豆粒ほどの「2」が。
こんな小さい文字、オバンには見えませんわ。
えっ、いい年して児童書読むのが間違ってるって? 
ふんっ、老眼で悪かったわね。

岩波だったら絶対にこんな装丁にしないと思う・・・というのは、単なる私の身びいきでしょうか?

とにかく、この巻における「三大ニュース」のうち2つまでを先に知ってしまったので、正当に評価することはできません。ものすごく残念です。

この本に関する情報はこちら




以下はネタバレ防止のために白字にしたので、反転させてお読みください。

三大ニュースとは
1)ケイトおばさんが幽霊になって現れたこと
2)ほんもののアルバートが登場したこと
3)ピルビームがアルバートと恋に落ちたこと

このうち2と3が、3巻の冒頭に書かれているのです。

ケイトおばさんのほうはまだしも、アルバートがネタバレしちゃってたので、もうそりゃ、何のために読んでいるのかっていう気分でしたよ(怒)

by foggykaoru | 2007-11-14 20:18 | 児童書関連

<< ボジョレー 「セロ弾きのゴーシュ」はなぜゴ... >>