人気ブログランキング |

ランサム三昧の日々(5): 波止場の楽隊

ARCの総会の日、今世紀、ランサム界の音楽部門をリードしていくであろう(爆)、ある楽団がデビューを果たしました。

その名も「ランサム雑奏団」。

今をさかのぼること数ヶ月前、ARCの重鎮であるMinnowさん・天文台さん一家の新居のお披露目がありました。そのとき、見せてもらったのが「はるかなリオへ」の合奏譜。なんでも、ご夫妻の結婚式の披露宴で、お二人を含む室内楽団によって演奏されたものだったそうです。
しかしこの楽譜、かなりアレンジが高級で、初見では到底弾けない・・・というか、相当練習しても並みの人には弾けない、弾けるのはある程度オケで経験を積んだ人に限られる、という代物。だから、かつて演奏されたときも、多くの非会員の力を借りたのだそうです。

---会員だけで楽しめるような、もっと簡単なアレンジ譜があればねえ。
---じゃ、作ってみようか!

というのが発端。

とは言え、いったい誰が演奏するのか? 楽器すら定かでないのに。
とりあえず、学生オケ経験者であるMinnowさんのチェロ、Titmouseさんのクラリネットは確定。
「ロジャのおもちゃのブリキの笛」こと、ティンホイッスルをたしなんでいる人も数人いる。
あと、バイオリン経験者も二人いるけれど、最近はほとんど弾いていないとか、手持ちのバイオリンは駒が壊れているとかで、ちょっと無理みたい。天文台さんがリコーダー希望だから、リコーダーにしてみる?
そうだ、ケルンさんはビオラを習っていらっしゃるんだった!
でも、私の音楽性では四部の楽譜を作るのが限界。弦楽器は管楽器に音量で劣るから、チェロと同パートということにしていただきましょう。よしっ、これでキマリね。

こんな超テキトーな感じで作ったのが「はるかなリオへ」。
Minnow家に集まって、それなりに楽しく練習した後で、Minnowさんから「『スペインの淑女』もできないかしら?」という話が出ました。

うーん、そうねえ。。。

快諾しなかったのには訳があります。

「スペインの淑女」は同じメロディーの繰り返しだし、「ズンチャッチャ」という単調なリズムで、演奏してもあんまり面白くない曲なのです。

渋る私にMinnowさんは、ARCの草創期、ブリティッシュ・カウンシルの図書室に通い詰めてつきとめた「『スペインの淑女』の真実」を語り始めました。

そもそも「スペインの淑女」は短調の曲だった。かの映画「マスター&コマンダー」でちらりと歌われているとおり。あれは19世紀初頭だから、時代考証がきちんとなされているわけ。その後、時代を経るにつれてメロディーが変化し、1920~30年頃には長調の曲になっていた。だからARCではあのメロディーで歌っているのである・・・

---だから、最初は「マスター&コマンダー」のメロディーで始めて、途中で長調に転調するようにしてみない?
---そうねえ、それなら面白くなるかもね。やってみる。

せっかく総会で演奏するんだったら、最後は楽器が伴奏に回って、他の人たちに歌ってもらおうと思いつき、完成したのが「スペインの淑女in 2007」でした。

結局、本番まで一度も全員揃って練習することができず、総会当日は他の人たちがゲームに興じている間に、寸暇を惜しんで波止場会館の駐車場で練習したりして。
まさに薄氷を踏む思いの旗揚げ公演でした。

シーシャンティーとは海の男たちの歌。ソプラノには全く向きません。だから合奏用のアレンジ譜を作るついでに、自分のためにソプラノのハモリを作って歌いたかった、というのが私の本音でした。でも成り行きで指揮をしなくちゃならなくなって、ハモリどころじゃありません。第一、指揮なんてやったことないし、すっごく恥ずかしかったよー。

暖かい拍手をいただき、心からほっとしました。

言い出しっぺとは言え、Minnowさんの気合いには頭が下がりました。なにしろ当日、横浜とは全く違う方向の職場経由で会場までチェロを抱えていらしたのですから。

私としては、「はるかなリオへ」のアレンジは能力の限界まで頑張ったのですが、「スペインの淑女」はまだ改良の余地があります。
第二回公演には、バージョンアップしたものをお聴かせできるかもなので、乞うご期待! あっ、でも期待しすぎないでね(笑)

c0025724_21414172.jpg

(上の写真は気圧計さんにお借りしました)

ランサム三昧最終日はこちら

by foggykaoru | 2007-12-07 21:03 | ほんとうの生活

<< ランサム三昧の日々(6): そ... ランサム三昧の日々(4): 波... >>