人気ブログランキング |

遙かなるケンブリッジ---一数学者のイギリス

「国家の品格」で話題になった藤原正彦氏の本。
氏がケンブリッジで過ごした1年間の体験に関するエッセイであること、そして、息子さんがひどいいじめにあったということは知っていた。だいたい想像がつくから焦って読まなくてもいいやと思っていたのだが、古本屋で何回か出くわしたので、そろそろ読んでみるか、と手にとった。(「国家の品格」もまだ読んでません。読めばたぶん共鳴するだろうと思うけど。)

で、予想どおり、なかなか楽しめる本でした。改めて感じたのは、氏の文章のうまさ。
ケンブリッジの十月は、学生のざわめきと共に訪れた。夏の観光客の、明るい服装、ゆっくりした歩調とせわしない視線に代わり、黒い色調の、正面を見詰め足早に歩く学生達が、忽然と、大挙してこの町に現れた。口を閉ざしたまま歩む彼等を包むざわめきは、観光客の喧噪とは異質の、若きエリート達の放つ気の蠢動であった。静粛なるざわめきだった。中世の残映を濃く留める町並みに、若さが充満した。

イギリスの風景を初めて目にしたときの描写にも注目。
機上から見た通り、イギリスは緑だった。どちらを見ても、畑や緑の草原が、なだらかな起伏をなして限りなく広がっている。山は唯の1つもない。白い羊の群が見える。農家であろうか、時々石造りの家が、一面の緑の中に、小島のように浮かんでいる。美しい。田園の美しい国はどこか品格がある。

うんうん、イギリスってそうだよね、と思うとともに、この頃から「品格」がキーワードだったんだな、と、にやり。

この本に関する情報はこちら

ところで、ケンブリッジと並ぶ英国の名門大学オックスフォードでの生活に関するエッセイとしてはこの本が出色。後半ちょっとだれるけど。
あと、皇太子殿下の「テムズとともに」も。こちらはとても読みやすい。
「遙かなるケンブリッジ」と合わせて3冊読むと、オックスブリッジのすべてがわかる・・・ってのは言い過ぎですが、それぞれの著者の立場が三者三様であるだけに、どれも一読の価値があると思います。


(イギリスじゃないけど)藤原氏のこの本もおすすめ。

by foggykaoru | 2008-02-24 11:08 | エッセイ

<< アンリ・トロワイヤ著「サトラッ... カサビアンカ >>