人気ブログランキング |

「カリブ海の海賊たち」(新潮選書)

著者はクリントン・V・ブラックという人。
翻訳は中南米の権威・増田義郎氏。なんだけれど、この翻訳はひどいです。わからないで訳しているんじゃないかと思われる箇所がある。
ちょっと長いけれど、実例をご紹介。
また、(ヘンリー・モーガンは)「じぶんが捉え、じぶんの言うままになったスペイン人を虐待したり、残酷に扱かったり」した、という申し立てにたいしても、潔白が認められた。しかし、そのことになるとはなしはべつである。

「そのこと」って何?

もとの英文が透けてみえるような直訳調も目立つし、文章全体が非常に素人臭い。
大学院生かなんかに下訳させて、増田先生ご本人はほとんど手を加えていないのでは?

というわけで、最後まで読み通せませんでした。
こんなに悪口書いても読みたいという奇特な方がいらしたら、差し上げます。

by foggykaoru | 2008-04-01 21:36 | 西洋史関連

<< 「カスピアン王子」予告編 海で逢いたい >>