人気ブログランキング |

「明日は舞踏会」

鹿島茂著。

氏の「馬車が買いたい」は19世紀のフランスの若者の一生を文学を材料に解き明かした名著だが、こちらはその女性版。バルザックをはじめとするフランス近代の文学に描かれた貴族の女性の生涯を、おもしろく解説してくれる。

赤ん坊の頃はばあやに育ててもらい、
その後は修道院附属の寄宿舎につっこまれ、
大人になったら、運が悪いとそのまま一生修道院送り、
そうでなければ、ようやく親と1つ屋根の下に暮らし、社交界にデビュー。
そして、裕福で家柄の良いよぼよぼの爺さんと結婚。
子どもさえ生まれればこっちのもの。その後は若い男といくら浮気してもOK。

という流れはだいたい知っていたけれど、歴史的背景も含めてきちっと解説してもらえるとすっきり爽やかな気分(笑)

社交界でのおつきあいが、貴族にとっては単なる娯楽の域を超えた、いわば仕事であり、彼等がいかに激務をこなしていたかということがよくわかる。さぞかし物入りだったことでしょう。(だから若い娘は金持ちの爺さんと結婚しなくてはならなかったのだ。)でも、金を湯水のごとく使わないと華開かない文化というのもあるわけで。
世界大国の地位をアメリカに譲って長いフランスですが、腐っても「文化大国」、それが言い過ぎなら少なくとも「ファッション大国」という肩書きが消えないのは、こういう歴史的蓄積があるおかげなのでしょうね。

この本に関する情報はこちら

by foggykaoru | 2008-04-13 11:08 | 西洋史関連

<< 「幸福な食卓」 「小さい牛追い」 >>