人気ブログランキング |

「八十日間世界一周」再読

言わずと知れたジュール・ヴェルヌの作品。

再読と銘打ったけれど、ほとんど覚えてません。小学生の頃、抄訳で読んだだけ。映画(←観てません)のテーマのだけは「兼高かおる世界の旅」(←知ってる人はイイ年です)で使われていたから、おなじみだったけど。

今は飛行機を使ったら世界一周なんて1日でできてしまう。
でも、ほんとうの意味で世界を一周するには、空を飛んでしまってはいけないと思うのです。空を飛ぶのをアリにしたら、地球の周りをくるくる回ってる人工衛星もアリになってしまうから。
やっぱり地球にくっついて一周しなくちゃ。

もしも今、陸路と航路だけで世界を一周しようとしたら、どのぐらいの日数がかかるのでしょう?
1ヶ月ぐらいかな?
世界は思ったほど小さくなってないのかも。


にほんブログ村 本ブログへ



この話、設定がなかなかです。

世界一周をしようと言い出すのはイギリス人。
「働く」などという、下品なことをしなくてすむ、イギリスのお金持ちです。
判で押したようにクラブに通い、1日中新聞を読んでカルタ(!)遊びして暮らしてる・・・とくると、ぷぷっ、イギリス人だ~ と嬉しくなってしまうのは私が外国人だからで。
外国人の好奇心をそそる、ヘンテコなイギリス人の典型。
こういうキャラをあえて選んだのは、ヴェルヌがフランス人で、イギリス人ではない、つまりは外国人だからだと思います。
ヴェルヌにしてみると、「80日間で世界一周できるかどうか、賭けをする人なんて、思い切り変人のイギリス人ぐらいしかいない」というところなのでしょう。
で、その忠実な従僕にフランス人を配する。フランス人読者はフランス人が出てこなくちゃ読まないものね。

で、旅の様子ですが、一言で言って、「ありえない」。

ときどきとてつもない事件がふりかかるけれど、全体としては実に平穏無事、という印象を持ちました。これがまずありえない。ほんとうに旅していたら、もっと頻繁に、もっと小さいごたごたが起きるもの。

ときどき起きるとてつもない事件というのが、ほんとうにとてつもないのだけれど。

橋が落ちそうだから、列車を猛スピードで走らせて、渡りきったところで橋が落ちる、、、なあんてこと、ありえないっしょ!
そりで帆走するなんて、某英国児童文学作家のファンが泣いて喜ぶシーンもあるけれど、ずーっと追い風で、マストが折れることもなく、あっと言う間に遅れを取り戻せるなんてのも、ありえないっしょ!
船の燃料がなくなって、船自体を燃やしながらイギリスにたどりつくなんて、ありえないっしょ!
というツッコミは野暮というもの。
これは徹頭徹尾マンガなのです。
読んでいて「巨人の星」の大リーグボールを思い出してしまいました。

インドやアメリカの原住民の扱いとか、今だったらとうてい書けない話。映画にするのもはばかられるかも。あっ、でも「パイレーツ・オブ・カリビアン」と同じですね。そう、この話は「パイレーツ」と同列です。だから楽しい映画が作れたはず。
ヴェルヌという人は、今だったら映画人になってたかも。

救い出したインドの女性とずっと一緒に旅をするのだけれど、旅行中には恋愛感情をひとかけらも見せないというのが、これまたやせ我慢の得意なイギリス人。フランス人だったらこうは行かない。ぐじゅぐじゅと恋愛に溺れていくはず。
でもヴェルヌは、変人のイギリス人を、なんだかんだ言って、けっこう賞賛しているみたいな感じがします。そのあたりが、私としては不思議に新鮮でした。

by foggykaoru | 2008-05-22 21:17 | 普通の小説

<< 「ファーブル巡礼」 「クマのプーさん」再読 >>