人気ブログランキング |

「ブーリン家の姉妹」観てきました

試写会のお誘いを受けて。

面白かったーー!!!
Yさん、誘ってくれてありがとう!

歴史好き、イギリス好きに超お薦めの映画です。
そうでなくても、「篤姫」を楽しめる人にはお薦めです。
だって、これは「イギリス版大奥」なんですから。

映画の公式サイトはこちら


ところで、アン・ブーリンがフランス仕込みの機知に飛んだ会話でヘンリー8世を魅了した、とは聞いていましたが、当時のフランスというのはどういう状態だったっけ?と思って調べてみました。

アンがイギリスに戻ってくるのが1526年ごろ。(19歳ぐらいだったらしい。)
当時のフランス国王はフランソワ1世(在位1515-1547年)
彼のもと、フランス・ルネッサンスが花開いたと言われてます。
でも、フランソワはイタリアをめぐってスペイン・ハプスブルク家ののカール5世と角を突き合わせていて、1525年には捕虜になってしまい、しばらくフランスを留守にしたりします。
アンが女磨きをしたのはその直前。

ちなみに、のちにフランソワ1世を継ぐことになるアンリ2世は1519年生まれだから、まだほんの子供。
カトリーヌ・ド・メディシスがフィレンツェからアンリの嫁さんになりに来たのは1533年。
したがって、彼女の嫁入り道具の中に入っていたと言われるフォークはまだ持ち込まれていない。
つまり、まだ料理を手づかみで食べていた時代。
もちろん、イタリアのエレガントなマナーもフランス人はまだ知りません。

それでもイギリス人よりはエレガントだったんでしょうねきっと。


この項、続きます。

by foggykaoru | 2008-10-09 22:05 | 西洋史関連

<< アン・ブーリンが見たフランス宮廷 「危ない」世界の歩き方 >>