2009年 06月 21日 ( 1 )

職業別 パリ風俗

19世紀フランス文学の専門家である、鹿島茂さんの本。
とても面白い。
19世紀フランス文学はスタンダールの「赤と黒」しか読んでない私が言うのだから間違いない。

たとえば
門番女は門番の妻ではなくて、あくまでも門番女。亭主はその亭主であって、門番ではない、とか。
高級娼婦にはいかにしてなるか、とか。
社交界の女王というのは、家柄がよければなれるというものではない、とか。
当時の上流階級の女性にとっては社交界が命だった。子供なんか邪魔なので、乳母が必要とされた。その乳母も自分の子供を別の乳母に預けて、、、とか。当時の子供ってかわいそう。

知っていても何の役にも立たない知識ばかり(苦笑)

あと、これはメモっておかなければと思ったのは、医者。
フランスは、革命戦争のとき、軍医の多くは反革命軍についた。(なるほどね。) そのため、軍医が不足した。
それで、衛生将校で急場をしのいだのだが、ナポレオンの時代にそういう人たちに医師の免許を与える制度ができた。
それは「免許医officier de sante(直訳すれば「健康師」?)」と呼ばれる。当然のことながら、正規の医者docteurよりも格下。
「マスター・アンド・コマンダー」の敵役であるアケロン号の船医も、その手の人だったのかしらん。。。

最後に警察関係の話があって、これがなかなか詳細なのだけれど、ちょっとついていけなかった。要するに、ジャベールがいろいろな部署に異動して、ジャン・ヴァルジャンを追いかけていく、というのはあり得ない、ということらしい。


この本に関する情報はこちら

鹿島茂さんの著作でイチオシは「馬車が買いたい」です。19世紀フランス文学をほとんど読んでない私に面白いんだから。さっきも言ったけど。その情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2009-06-21 22:38 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(8)