カテゴリ:未分類( 122 )

旅行記・エッセイ・推理小説いくつか。

また放置しちゃってすいません。

ここ数か月のうちに読んだ本の記録です。

・あやしい探検隊 アフリカ乱入(椎名誠)
  マサイ族を写真に撮るのはなかなか難しいそうだ。

・明るい原田病日記(森まゆみ)
  原田病というのはとても珍しい病気だけれど、
  発見が早かったこともあって、なんとか飼いならしてるようです。

・関西人の正体(井上章一)
  「京都ぎらい」より前に書かれた本。
  先に「京都ぎらい」を読んでしまったせいか、印象薄。
  何が書いてあったか全く覚えていない。。。

・骨の島(アーロン・エルキンズ)
  一時期読んでいた骨博士ギデオンを主人公とする探偵もの。
  舞台となったストレーザのことを思い出しながらけっこう楽しく読んだ。
  しかし、、、このシリーズってこんなだったっけ?
  推理が大したことないのは織り込み済みだけれど、
  人間心理があまりにも薄い。
  もっといろいろ悩むだろうに。

・殿下とパリの美女(ピーター・ラヴゼイ)
  この人の「殿下もの」推理は読んだことがあるけれど、
  こんなに薄かったっけ?
  一つには、舞台が19世紀末のパリで、
  パリの描き方があんまりおもしろくない。
  ・・・少なくとも私には。
  ステレオタイプなんです。
  フランスとか、その当時のフランスの風俗を
  そこそこ知っている人には手垢がついた感じがするのでは。
  
  その点、「骨の島」の舞台ストレーザは
  私が1度行っただけの土地。
  だからちょうどよく面白かったんだと思います。

・クリスマスのフロスト(ウィングフィールド)
  「世界の探偵」的な本で、
  フロストの人となりはなんとなく知っていたけれど、
  フロストものをちゃんと読んだのは初めて。
  面白かったです。
  イギリス人が書いたイギリスの地方都市だから、
  うわっつらじゃない。
  でも再読するほど面白かったわけではない。
  ぜひ続編も読みたい、というほどではありませんでした。
  
  私は推理小説ですら、気に入ったら、再読します。
  最初から最後までとは限らないけれど、
  ぱらぱらめくって、一部分だけでも、じっくり読み直したり。
  

まだあるんだけど、今日はここまで。


[PR]

by foggykaoru | 2018-12-01 14:54 | Trackback | Comments(0)

カント先生の散歩

ドイツ文学者・池内紀による、カントの生涯。

去年までカントについて私が知っていたことといえば、哲学者で、その代表的著書は「純粋理性批判」ということ。世界史受験だったからね。でも内容は何も知らん。
その程度の私がなぜこの本を読んだかというと、カントはケーニヒスベルクの人だから。
ケーニヒスベルクは今やロシアの飛び地・カリーニングラード。
ベラルーシ→リトアニア→カリーニングラードと、ロシアの縁をのたのた巡った去年の旅の記録はこちら

カリーニングラードの大聖堂は、今や教会としての機能を失っているけれど、その片隅にカントのお墓がある。
ということをただポカーンと見てきた私なのですが、この本を読んで、ようやくいろんなことがわかり、非常に感慨を覚えました。
行く前に読んでいたらどんなによかっただろう・・・

というわけで、旅の相棒(というより、引率者)だった友人に、この本はプレゼントしたいです。(連絡してね)

カントが生きた時代が18世紀末で、フランス革命と同時期だった。
フランスではそのちょっと前に啓蒙思想家がたくさん出て、それがフランス革命の種をまいたわけだけど、ドイツはちょっと遅れたわけだ。
そして、彼の哲学の触媒的な役割を果たしたのが、親友だった英国商人。英国は新大陸やインドやアフリカだけでなく、バルト海にも進出していた。考えてみたら驚くべきことではない。近いんだもん。
このあたりが、実に新鮮な発見でした。

カントはかなり長寿だったけれど、あまりにも長寿だったので、肉体が死ぬ前に、理性のほうが先に死んでしまった。理性を具現化した人だったのに。悲惨。
このあたりがまるで現代。



[PR]

by foggykaoru | 2017-12-26 22:52 | Trackback | Comments(0)

身体を言いなりにできるか(44)

忘れたころにやってくる(自爆)健康シリーズ。
初めての方は(1)からお読みいただけます。

===============

(43)で「風邪を上手に引く」という話を書きましたが、、、
その舌の根も乾かぬうちに、10月上旬、風邪を引きました。
しかもとても下手くそに。

今回は鼻が中心でした。
鼻水が流れ出してとまらない+全身疲労
上咽頭炎の治療に行けば、すぐに治るかなと思っていたのですが、いっこうに治らず。
「鼻水がとまりません」と耳鼻科医に訴えたら、速攻、抗生物質が処方されました。
普段この先生、「この治療をしていれば風邪なんかすぐに治ります。薬もいりません」と威張ってるんですよ・・・

熱は出ない。相変わらず。
熱さえ出ればウィルスを殺せるのに。
だから長引く。
結局、治るまで2週間も抗生物質を飲んでしまいました。
身体にいいはずがない。
だから、ド下手な風邪の引き方をしたということなのです。あ~あ。

風邪が引き金になって上咽頭炎も悪化し、その後しばらくの間、治療時にかなり痛みました。。


それはそれとして。
前にも書いたと思いますが、私はここ数年、寝ていると足がつる。こむら返りというやつです。
中高年女性によくある症状です。
ものすごく暖かいレッグウォーマーを着用して寝ると、つる確率が下がるのですが、それでもやっぱりけっこう頻繁につる。
それが最近マシになってきました。
きっかけは旅行。

旅の相棒がいくらでも歩く人なので、つきあっていたら、疲労困憊してしまったのですが、その代わり、夜、寝ていても足がつらなかったのです。
そこで、以前からやっていた「壁に手をついて、かかとの上げ下ろしをする(下げたときに床につけない)」という運動の回数をぐっと増やしました。
以前は20回ぐらいしかやっていなかった。(なにしろ退屈なので)
今はちょっとした暇に、なるべくやるようにして、1日合計50回以上やってます。時には100回以上。

それでもまだ時々つるんですけれどね。

あともう一つ、最近、四股を踏む練習をしてます。
これが超ムズい。

普段、優勝候補の取り組みをニュースで見る程度なので、たま~に序の口とか序二段の力士の下手っぴいな四股を見ると、「お前、やる気あるんかい!」と突っ込みたくなっていた私ですが、今だったらきっと暖かい目で見ることができると思います。おお同士!って(笑)

でもすごく身体にいいという実感があります。
興味のおありの方は「四股の踏み方」で検索してみて!




[PR]

by foggykaoru | 2016-11-28 21:16 | Trackback | Comments(0)

身体を言いなりにできるか(43)

このシリーズ、すっかりご無沙汰です。
初めての方は(1)からお読みいただけます。

===============

冷え取り、上咽頭炎の治療、鍼灸治療、腸活、そしてウォーキング・・・
これらのどれが一番効いたのかわかりませんが、体質が変わりました。

上咽頭炎は治っていません。
治療すると改善するけれど、しばらく通院を怠ると、必ず悪化します。
ただ、冬の間中、風邪を引かずに過ごし、春から夏へと季節が移っても、風邪らしい風邪を引いていないのです。
これは私の人生において、画期的な出来事です。

鍼灸の先生にそう言うと、
「風邪は引いているんですよ。でも、上手に引くことができるようになったのです」

なんでも、上手に引くと上手に治せる。
上手に治すと、かえって身体が丈夫になるのだとか。

毎年のように人間ドックで「血糖値とHbA1c値が高め」と指摘されて始めたウォーキング。
残念ながら、今年も「*」印がついてしまいました。
食生活もちゃんとしているし、運動も続けているのに~
とがっかりしていたら、
「昨年よりは値が下がっていますから」と慰められてしまいました。
体力がついて歩くことが苦にならなくなったのはいいことなので、ウォーキングは続けていくつもりです。

そう言えば
今まではバリウムしかなかった胃の検診、バリウムか胃カメラか、選択できるようになったので、胃カメラにしてみたんです。
そしたら「20代の胃だ」と絶賛されました。

・・・身体のことでそんなに褒められたのは生まれて初めてだ。

「でも働きは悪いんです。ちょっと食べすぎると胃がもたれて、しばらく立ち直れないし」
ということは口に出して言いませんでした。

たぶん、あんまり使われてない(使えない)から若いんじゃないかと思うんですが(苦笑)

鍼灸の先生曰く、
「前に比べると体調は断然いいでしょ。でも、あんまり味がわからないんじゃないですか?」
そのとおりです! 
言われてみて初めて気が付いた。

どうしてそんなことがわかるのか、ききそびれてしまいました。今度きいてみよう。


前回話題沸騰の(自爆)顎関節症は、マウスピースを作ってもらい、何回か微調整を行った結果、改善しました。ご報告まで。

================
(44)へ続く。


[PR]

by foggykaoru | 2016-09-03 07:13 | Trackback | Comments(4)

850円

c0025724_20532029.jpg

GW中に断捨離した服です。しめて17着。
リサイクルショップに持っていったら、引き取ってもらえないのが2着ありましたが、残り15着で750円になりました。

ブック○フで売った本は100円に。

合計850円。

普段よりちょっと豪勢なランチを食べました。
[PR]

by foggykaoru | 2016-05-08 20:58 | Trackback | Comments(0)

ピンチ!

使いにくくてしょうがなかったWindows8。
ようやく慣れたら、10が出て、「アップデートしましょう」とさかんに薦めてくる。
で、やってみたんです。アップデート。

そしたら・・・
htmlソースの編集ができなくなっちゃったのです。

今までだったら、
htmlファイルをクリックして開く
→その画面上で右クリック
→「ソースの表示」を選択
→メモ帳のソースが出てくる
→メモ帳を編集
→上書き保存

ところが、Windows10でできるのは、ソースを「見る」だけ。
編集ができない。
(Edgeとかいうものに変わったせいらしい・・・)

最近更新をさぼり気味ではありますが、17年も続けてきたメインサイトが、こんなことで続けられなくなるのは不本意です。
詳しい方がいらしたら、教えてください。
もしかしたら、Windows8に戻すしかないのかしら。。。
[PR]

by foggykaoru | 2016-05-04 20:53 | Trackback | Comments(2)

冬が終わると断捨離気分が盛り上がる

というのは「わたしのウチにはなんにもない」のゆるりまいさんの言葉ですが、なんとなくわかります。

古いタートルネックを2枚捨てました。
冷え取りの効果で体温が上がったせいか、あんまり寒さを感じなくなり、タートルネックの出番が減ったのです。
(外を歩くときはマフラーを着用してます。マフラーやスカーフはけっこう持ってます)
去年、すごくいい色だと思って買った、カーキのタートルは、結局、1度も着用せず。
失敗だったな~
リサイクルショップに持っていこうかな。

そして本。
「本はどうせ読み直しません。だからどんどん断捨離すべし」と言われています。
私は(ランサムなど、特定の本を除いて)読み終わったら、わりとどんどん処分するほうですが、中にはちょっと未練が残って、数年間本棚に置いてあるものもあります。
こんまりさんは「中身を読むな。さわってときめかなければ処分すべし」とおっしゃっていますが、今回、あえてその逆をやってみました。
つまり、読み返してみたのです。
たまたま、読みたい本の在庫がなくなったので。
そうしたら、、、、
あらら、この本、そんなに面白くないじゃん!
というのがけっこうあったのです。
納得の上、処分できました。
この感じだったらもっと処分できそう。

旅の思い出関係グッズにも手をつけました。
昔はいろいろとっていたんです。
切符とか、インフォメでもらった地図とか。
その9割を捨てました。
1割はまだとっておくことにしましたが、数年後には捨てることでしょう。

ほんとうは、大昔の旅のアルバムの写真をデジタル化すると、ぐんとボリュームが減る。
よくわかっているのですが、そんな面倒なことはやってられない。
第一、スキャナー持ってないし。

そんなこんなで、台所の床の上が定位置になっていたポリバケツが、収納の中におさまりました。
すっきりしました。
気持ちいい!
[PR]

by foggykaoru | 2016-03-07 20:26 | Trackback | Comments(2)

やっちまった

古本屋で買ってすいすい読んだエッセイ集。
このネタはどこかできいたことがあるなあなどと思いつつ。

読み終わって
はっ
もしかして・・・!!

このブログを検索したら・・・・・・・・
・・・・・
・・・・・
読んだことのある本だった。

それはこの本
しかも、なんとなく記憶に残っていたネタは、自分で書きとめてあった!

本を読んだら霧のように忘れてしまう私です(泣)
[PR]

by foggykaoru | 2015-12-16 21:20 | Trackback | Comments(2)

身体を言いなりにできるか(42)

このシリーズ、すっかりご無沙汰です。
初めての方は(1)からお読みいただけます。

===============

上咽頭炎のBスポット治療はいまだに続いています。
まず、鼻孔から奥に消炎剤を「ツンツン」と塗られ、次に口を開けて「げえっ」となりそうになりながら、喉の奥に塗られる。
とにかくしみる。痛い。

でも、数か月前から、左の鼻孔から塗られたときの痛みがなくなりました。
わりと最近になって、右の鼻孔からのときも痛くなくなりました。
でも、喉からのときは、相変わらずかなりしみます。

風邪はほんとうにひかなくなりました。
10月ごろ、微妙に風邪気味な感じがして漢方医に行きましたが、前回に行ってから半年以上がたっていて、「久しぶりだねえ」と言われました。
(そのすぐ後に鍼灸に行ったら、「これは風邪じゃないよ」と言われました。)

「冷え取り」のおかげか、平熱が上がりました。
以前は35.8度ぐらいだったのですが、今は36.1度。
この0.3度の違いがいかに大きいか、日々実感しています。
多少の寒さには耐えられるようになってきているのです。

平熱36.5度ぐらいになれたらいいな。



体質改善しつつある今日この頃、新たに持ちあがった問題があります。
それは「顎関節症」

初夏のある日、左顎が痛くて口が開けにくくなったのです。
かかりつけの歯科医に相談しました。
口の中を見た歯科医は「食いしばる癖がありますね」

その証拠は
舌の縁に歯型が残っている。
そして、ほっぺたの内側の、上下の歯の間ぐらいの高さにすーっと1本、しわがある。
このしわに関しては、子供の頃から何なんだろうと思っていたのです。

さらに歯並びの問題もあろう。そしてストレスも。

「それらの要因を一つずつ減らすしかありません」

夜寝るときにはマウスピースを装着したほうがいいとのこと。

実は、これはすでに持っていました。
数年前(クロアチアに行った年だから、9年前)「どうやら食いしばる癖があるから、歯を守るために装着したほうがいい」と言われて作ったのです。
でも、あんまり真面目に装着してなかった・・・

深く反省し、それからは毎晩装着して寝るようにしました。
起きているときの食いしばりを直すのは難しいのですが、ある日、ものすごく根を詰めてパソコン作業をしていたとき、初めて気づきました。
それはそれは、かたくかたく歯を噛みしめている自分に。
でも、いつも気づけているわけじゃない。気づくのはごくごくまれ。

そして、残る要因であるストレスは・・・たぶん仕事。
これは解消できないのよね。

とりあえず、少しはマシになったなと思っていたところ、今をさかのぼること10日くらい前、朝起きたら、口が開かない。
プチトマトを丸ごと食べられない。
歯ブラシをくわえるのも大変。
開けようとすると激痛。
痛みに耐えながら開けると、左顎からしゃりしゃりと音がする。これがとても嫌な音。
(以前は骨が「かちかち」と音をたてていた)

なんとかしなくちゃ。
かかりつけの歯科でなく、顎関節症のプロに見てもらわなくちゃ。

知人の教えてくれた歯科医院に行ったのが3日前。

レントゲンを撮ってから、治療開始。
私の口をえいやっと開けようとする。
いたたたたたた・・・開かないよ~
左の顎関節のすぐそばに麻酔を2本。
「ありゃー 動脈にヒットしちゃったよ」という声が聞こえます。
多分出血したのでしょうが、何も見えません。見えなくてよかった。

麻酔が効けば、口を開けることができます。
精一杯大きく開け(最低指3本分)、口を閉じる。
普通に閉じるのではなく、受け口になるように閉じる
その後、すりすりと下の歯を引っ込め、普通の態勢に戻す。

「この運動を麻酔が切れてからも毎日せっせとしなさい」
さらに、痛くて耐えられないときのために、鎮痛剤を処方されました。
薬を飲んで、痛みを抑えてから、運動しろと。

帰宅後、運動をしてみたら、痛いけれど、鎮痛剤のお世話になるほどの痛みではありませんでした。
でも、朝いちに口を大きく開けるときは、かなり痛い。勇気がいります。
受け口の状態で口を閉じようとするときは、もっと痛い。
でも、頑張ってます。

今の季節、私は外を歩くときにマスクを装着しています。
乾燥した冷気から鼻と喉を守るために。
だから、通勤時に、歩きながらでも、電車内でも、他人の目を気にすることなく、心おきなく口を開ける練習をすることができるのです。(スピードを上げると気づかれるから、ごくゆっくりとですが。)

上咽頭炎でよかったかも(自爆)


(43)へ続く。


[PR]

by foggykaoru | 2015-12-05 20:39 | Trackback | Comments(4)

服を買うなら、捨てなさい

最近、断捨離関係の本ばかり読んでいて、まともな読書生活から遠ざかってます。。。

これもその延長線上の本。
「フランス人は10着しか服を持たない」とこの本のどちらにするか迷った末、こっちにした。

内容はタイトルどおり。
著者は地挽いく子というスタイリスト。

新しい服を買うんだったら、その分捨てろと。
というか、それ以前に、まずクローゼットの中の要らない服、似合わない服を捨てろと。
このあたり、「こんまり」とかなりだぶる。

自分のスタイルを確立しろ
スタイルが確立したらワンパターンを恐れるな
というあたりがスタイリストらしい主張。

20代ぐらいまでの人には敷居が高いかもしれない。
中年過ぎて「自分らしい服」がほぼわかっている人には非常に参考になると思う。

私はこの夏、数々の断捨離本とこの本のお蔭で、新しい服を買うことが減ってます。
「買ったら捨てる」も一応できてます。

続けなくちゃ。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-07-28 22:30 | Trackback | Comments(2)