<   2018年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

小泉武夫の食エッセイ2つ

「猟師の肉は腐らない」で興味を惹かれ、小泉武夫の食エッセイを2冊読みました。

ひとつは「地球怪食紀行」
サブタイトルが「鋼の胃袋 世界を飛ぶ」
その名のとおり、著者が世界津々浦々で食した不思議な食べ物の話。
最大のポイントは「猟師の肉は・・・」の主人公のモデルである「八溝の義っしゃん」が登場すること。

もう一つは「不味い!」
こっちのほうが考えさせられることが多い。
一口に「不味い」と言っても、食習慣の違う国や地域の食べ物を不味いと感じるのは、まあその人の勝手です。(そういうタイプの話だけを集めたのが「世界怪食紀行」)
でも、食に関する産業の問題点(効率重視だったり)が凝縮された結果作られてしまう不味いもののほうは、なんとか減らしてほしいものです。

どちらの本にも登場して、世界最強なんだろうなと思わせるのは、スウェーデンのシュールストレミングという「地獄の缶詰」。
やばすぎます。
でも、スウェーデンにはこれを好物とする人がいるからこそ、ずっと作られ続けているんですよね・・・


[PR]

by foggykaoru | 2018-03-25 10:06 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

胡椒息子

獅子文六が、1930年代に発表した小説。
ランサムと同時期ですな。

東京の裕福な家庭に生まれた少年の物語。

ごくごく軽い小説だけど、
当時の金持ちのドラ息子やドラ娘、ドラ妻(なんて日本語は無いけど)の生態が興味深い。
ちょっと気になるのは、男性に甘いこと。
まあ昔だからね。第一、作者自身も男だから。

暇つぶしにお薦めです。

[PR]

by foggykaoru | 2018-03-24 09:07 | 普通の小説 | Trackback | Comments(0)

移住女子

伊佐知美という人が、移住した女性にインタビューしてまとめた本。

内澤旬子が小豆島に移住した本を読んで以来、移住というものにちょっと心惹かれるのだが、この本に登場するのは若い女性ばかりなので、ちょっと違ったかなという感じがした。
でも、自分で考えて、自分が暮らすべき土地を納得の上で選んだ女性たちに拍手!

この中の何人かは、311がきっかけで、それまで当たり前だと思っていた生活に疑問を抱き始めた。
あれはほんとに多くの人の人生を変えたんだなと実感した。





[PR]

by foggykaoru | 2018-03-05 20:49 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)

幹事のアッコちゃん

柚木麻子の女子校ノリはあんまり私には合わないんだけど、これは「ランチのアッコちゃん」の続編だからいいかなと思って。
前作では元気一杯のスーパーウーマンだったアッコちゃんが、ちょっとお疲れだったりする。

気晴らしに読むのにいいんだけど、もうこのシリーズが出ても読まなくていいかも。


[PR]

by foggykaoru | 2018-03-05 20:42 | 普通の小説 | Trackback | Comments(0)