犬が星見た ロシア旅行

武田百合子の旅日記。
ダンナである泰淳のエッセイに描かれる彼女に興味を惹かれたので、彼女の有名な「富士日記」でも読んでみようかと思っていたのだが、たまたま図書館でこの本を見つけてしまったので。

昭和50年ころのロシア(正確にはソ連)旅行。
泰淳に「旅行に連れていってやるから日記を書け」と言われて書いたんだそうな。
若干、言葉遣いの粗さが見受けられるけれど、読ませる文章です。

今は昔ということが多い。トイレとか、今のロシアは全然マシだし。
旅情報としては役立たない(けれど、そもそもそんなものを必要とする人はこの本を読まないだろう)、けれど、読み物として面白い。
結局、彼女のキャラが面白いのです。まさに炸裂してます。
そして、1か月近くの長旅とは言え、1回の旅でで文庫本1冊分の文章を書けるのはすごいなあと、旅行記を書く身としては感嘆しました。
観光名所の説明なんかほとんどない。
でも切り取り方がうまいんです。
たまたま出会った人、たまたま見た光景を詳しく書いている。それが面白い。

旅行記がずっと読み継がれるかどうかということは、そこにかかっているのだろう。


ハバロフスクから入り、西に進み、ウズベキスタンの後、グルジア(今のジョージア)に入ったとたん、食生活が目に見えてよくなるのが印象的。

去年、私たちの旅の最後は、モスクワのデパート内の高級ジョージアレストランでのディナーでした。
引率者のふゆきが「ジョージア料理なら美味しい」と太鼓判を押すので。

ジョージア、行きたいなあ。

旅の最後は北欧(ストックホルムとコペンハーゲン)なんだけど、ここでの料理は洗練はされているけれど、ごく簡素なカナッペになってしまう。

一緒の便でストックホルムに行ったモスクワ特派員夫妻が「ソ連からこっちに来るとほっとする」的なコメントを言うが、百合子本人は西欧社会に物足りなさみたいなものを感じたようだ。
わかるような気もする。

でも、私はやっぱりモスクワ特派員の側だな。



[PR]

# by foggykaoru | 2017-12-28 20:34 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

カント先生の散歩

ドイツ文学者・池内紀による、カントの生涯。

去年までカントについて私が知っていたことといえば、哲学者で、その代表的著書は「純粋理性批判」ということ。世界史受験だったからね。でも内容は何も知らん。
その程度の私がなぜこの本を読んだかというと、カントはケーニヒスベルクの人だから。
ケーニヒスベルクは今やロシアの飛び地・カリーニングラード。
ベラルーシ→リトアニア→カリーニングラードと、ロシアの縁をのたのた巡った去年の旅の記録はこちら

カリーニングラードの大聖堂は、今や教会としての機能を失っているけれど、その片隅にカントのお墓がある。
ということをただポカーンと見てきた私なのですが、この本を読んで、ようやくいろんなことがわかり、非常に感慨を覚えました。
行く前に読んでいたらどんなによかっただろう・・・

というわけで、旅の相棒(というより、引率者)だった友人に、この本はプレゼントしたいです。(連絡してね)

カントが生きた時代が18世紀末で、フランス革命と同時期だった。
フランスではそのちょっと前に啓蒙思想家がたくさん出て、それがフランス革命の種をまいたわけだけど、ドイツはちょっと遅れたわけだ。
そして、彼の哲学の触媒的な役割を果たしたのが、親友だった英国商人。英国は新大陸やインドやアフリカだけでなく、バルト海にも進出していた。考えてみたら驚くべきことではない。近いんだもん。
このあたりが、実に新鮮な発見でした。

カントはかなり長寿だったけれど、あまりにも長寿だったので、肉体が死ぬ前に、理性のほうが先に死んでしまった。理性を具現化した人だったのに。悲惨。
このあたりがまるで現代。



[PR]

# by foggykaoru | 2017-12-26 22:52 | Trackback | Comments(0)

猟師になりたい

猟師なんて、およそ私の趣味の対局にあるんだけれど、小豆島に移住した内澤旬子さんが猟をしているというのが頭の隅に残っていてた。
で、この本のタイトルに惹かれて読んでみた。
なんでまた世の中にはそんなことをしたくなる人がいるんだ?と思って。

著者の北尾トロという人は、長らく東京を拠点としてライターをやっていたが、思い立って長野に移住。
そして思い立って猟師になろうとする。(その理由は忘れた・・・涙)

今、日本では猟師が必要とされているんだそうだ。
なので、免許をとろうとしている人にはわりと親切に対応してもらえるみたい。
銃刀法が厳しいので、銃のロッカーが必要なだけではなくて、ロッカーは家に作り付けにしなくちゃいけないんだって。(ロッカーごと持っていかれてしまうと困るから。)

免許を取得しても、実際に猟に出て、すぐに獲物を取れるわけではない。
でも、楽しそう。
自然を見る目が変わってくるんだって。
で、猟なんかにまるっきり興味を持っていない私(しつこい!)ですら、「老後に猟をするのって悪くないみたい」という気分になりました。

この本の続編、読むかも。

[PR]

# by foggykaoru | 2017-12-20 20:56 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

夫の悪夢

著者は藤原美子。
「夫」とは藤原正彦。

もう藤原家の人々の本を読むことはないと思っていたけれど、この人の本はまだだったので、たまたま見つけて読んでみた。

うまいです。
藤原ていと新田次郎の息子である藤原正彦に文才があるのは意外ではないけれど、DNAの結びつきのない奥さんまでこんなにうまいなんて、いったいどうなっているんだろう?

雑誌連載のエッセイ集なので、1篇が短い。もうちょっと長いほうがいいんだけど。

藤原ていの文章を読むと、夫との仲はいったいどうだったんだと思いたくなるほど、言い方に棘があるんだけれど、この本をよんで、いやいや、言いたいことが言えて書くときも遠慮せずに書けたぐらい、安定した夫婦だったんだなと思った。
そして、ご本人とダンナ正彦氏の間も、とっても風通しがよくて、良いご夫婦なんだなと。

なんだかんだ言って、悪くない本でした。



[PR]

# by foggykaoru | 2017-12-17 10:40 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

忘れられた巨人

カズオ・イシグロの小説。
ノーベル文学賞をとったんだってさ、ということで、めったにそういう話題にのらない私なのだが、本屋で平積みになっているのを見て、ついつい。
ファンタジーで。アーサー王の要素もある、ということにも惹かれた。

テーマは「忘れる」こと。

で、老夫婦が思い立って、旅に出る。
というところが、そこはかとなく、「ホビット」や「指輪物語」に似ています。
でも、全然違うんですけどね。

最終的に、いろいろな伏線はちっとも回収されない。
そういう意味で、すごく大胆な作品なのかもしれない。

面白いかと問われると

うーーーん

私は主人公たちと一緒に意識がもうろうとしてしまい、何を読んでいたのかわからなくなったりして、読み通すのがしんどかった。

日本人はすぐに忘れるのがイカンと言われます。
今は英国人だけど、生まれは日本人だったカズオ・イシグロが、こういうテーマを扱ったということ自体が、なによりも興味深かったです。

[PR]

# by foggykaoru | 2017-12-06 21:08 | 普通の小説 | Trackback | Comments(0)

どうしようもないのに、好き

ここ1、2か月に読んだ本の中でベストはこれ。

著者は内田洋子。

副題は「イタリア 15の恋愛物語」
・・・ってことは、小説?
今まで内田洋子のことを、エッセイストだと思っていたんだけど、もしかして小説家だったの?

まあ、そんなことはどうでもいい。本は面白ければいいのだから。

どの話も、内田洋子本人と思しき人物の目を通して語られているので、味わいとしては限りなくノンフィクション。
そして相変わらず、とても濃くて切ないイタリア人の生きざまが、心に響きます。
とか偉そうに言っておりますが、今、目次を見て、内容を思い出せるのは最初の1篇のみだったりする(苦笑)

忘れちゃったのはむしろ幸い、また読もうかな、、と思わせてくれる、そのぐらい気に入りました。




[PR]

# by foggykaoru | 2017-12-04 21:13 | 普通の小説 | Trackback | Comments(0)

帰宅の時代

リンポウ先生こと林望のエッセイ。

バブルが弾けた後、延々続く不景気な時代に書かれた。
「もう仕事で残業することもない、さっさと帰宅する時代だけど、それを吉としようじゃないか」という本。

一番面白くて、今も覚えているのは、本編ではなくて、リンボウ先生の息子さんが書いた「解説」。

そのくらい、印象が薄い本でした。

[PR]

# by foggykaoru | 2017-12-04 20:51 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

実戦・世界言語紀行

更新を怠り、読んだ本がたまっております。
もう何がなんだかわからなくなりかけてますが、とりあえずこの1冊。

文化人類学者・梅棹忠夫の、言語学習の記録というか思い出というか。
文化人類学のフィールドワークのためには、研究しに行く土地の言葉を知らなければどうしようもないので、「道具」として言語を学習しなくてはならない。
というわけで、梅棹さんはどんどんいろんな言語を勉強するわけです。
頭いいなー

どうってことないエッセイだけど、言語に興味がある人には楽しめると思います。

そしてしみじみと、
高野秀行さんは、きっとこういう学者になりたかったんだろうなあ
と思いました。

言語学の大物・泉井久之助のエピソードもある。
忘れちゃったんだけど(涙) とにかくすごいなあと思ったことだけ覚えている。
そうそう、彼と外国人の誰かさんの共通語がラテン語だったから、ラテン語で交流していた、、、とかなんとか。もう目が点。

最後のほうで、梅棹さんは「日本語はローマ字表記にしたほうがいいんではないか」なんて暴論を吐いていらっしゃいます。あんなインテリでもそんなこと言うんだ・・・

それはそうとして、
彼の文章は妙にひらがなが多くて、かねてから奇異な感じを受けていたのだけれど、ようやくなぜそうしているのか、気がついた。
漢字は、あくまでも音読みをするときしか使わない。訓読み、つまり和語は全部ひらがなで書く、という基準を自らに課している。
気づくのが遅すぎる?

それはそうとして、ちょっと前に「京都ぎらい」なんて本を読んでしまったために、梅棹さんの名前を聞くと、あ、この人は京都人、それも京都の中の京都人で、京都のはずれの出身者に対しては理不尽な「いけず」な一面を見せていたんだよね、、、など思ってしまうようになった私なのでありまする。








[PR]

# by foggykaoru | 2017-12-02 21:58 | バベルの塔 | Trackback | Comments(0)