人気ブログランキング |

タグ:帆船 ( 40 ) タグの人気記事

ランサム三昧の日々(3):ヤマネコ号の航海

c0025724_20425170.jpgお腹がいっぱいになったところで船に帰り、早朝東京を発ってきた人たちと合流。いよいよ出航です。と言いたいところですが、その前に払うものを払わなくちゃなりません。そう、海賊に税金を払わなくちゃならないのです。
(左は税金ならぬイベントの参加費を徴収する、海賊の首領ならぬ幹事氏)

出航は9時55分でした。誰か航海日誌に書いたのかなあ? 

とても穏やかな日和で、さしもの寒がりの私にも快適です。

c0025724_2155124.jpg

しばらくすると船長の号令がかかり、みんなで帆を張ります。
なんでも、「ARCの人たちは基本がわかっている」と、後になって船長がおっしゃったそうですが、いやいや、わかっていない人もいますって。たとえばこの私(自爆) ただ、おふねのことはほとんどわからない私でさえも、「ハリヤード」という言葉を聞いて、「えっ、ハリなんとかって? 針? 梁?」とは思わず、「ハリヤード」と正しく聞き取ることができて、たくさんあるロープのどれかのことだ」と判断できる、という意味で、もしかしたら一般ピープルとは違います?

c0025724_21194023.jpgお昼ご飯はオーシャンビューの大きな窓のある、気持ちのいいレストランでとりました。朝ご飯を食べ過ぎて、全然お腹が空いていなくて、あんまり味がわからなかったのが、かえすがえすも残念。

船に帰ると、おっ、あれは何だ? 意味ありげなビンが海面をぷかぷか。それを拾い上げ、栓をあけてみると、驚いたことに、宝のありかを示した地図が入っているではありませんか。その地図を頼りに探してみると、おお! 宝の箱が! 
(右の写真は箱の中に入っていたお宝。一見八銀貨ならぬ金貨ですが、実はロジャの大好物だったりします(^^;)

c0025724_21213182.jpgそして頭上に翩翻とひるがえるはどくろと骨のぶっちがい。海賊旗。
こんな情景を現実生活で目にすることがあろうとは、今まで思いもしませんでした。

ところで、船、特に帆船というのは、乗ってしまうと全景が見えないのであります。(船に限らないけれど。) 海賊旗を揚げて帆走するヤマネコ号の雄姿を、併走するもう1つの船から眺めたかったなあと思うのですが、、一度に2つのものを手にすることはできないのです。これ、人生の真実ね。

暖かい1日でしたが、日が傾いてくると、急激に寒くなります。風を通さないはずのゴアテックスの上下を着込んでいても耐えられなくなり、船室に駆け込んで、ズボン下を重ねました。ほとんどの人はジーパンだけで平気なのに。こういうとき、自分がいかに寒さに弱いかということを痛感します。。。

c0025724_21403116.jpgそして夕暮れ。

ヤマネコ号の夢のような1日は終わりました。


この後、温泉に行き、美味しい中華料理に舌鼓を打ち(相変わらずお腹が空いていなくて、もったいなかったです)、東京に帰りました。

しっぽの先まであんこの詰まった、充実し過ぎるくらい充実した1日でした。


翌日のイベントはこちら

by foggykaoru | 2007-11-29 21:52 | ほんとうの生活

ランサム三昧の日々(2):港の朝

c0025724_2132699.jpg7時に起き出し、身繕い。メインの船室とドアで隔てられている船首部屋でかわりばんこに着替えるので、何かと時間がかかってしまいます。ようやく身支度を終えて、ヤマネコ号を外からしみじみ眺めてから(なにしろ着いたときは暗かったので、ほとんど何も見えなかったのです)、朝ご飯にでかけました。

(上左の写真は「ヤマネコ号をしみじみ眺める人々」、下右は「朝のヤマネコ号の甲板でしみじみする人」)


c0025724_2147577.jpg魚河岸に隣接するお店で食べた海鮮丼(まぐろのぶつ切り+いくら+うに)は、涙がちょちょぎれるほど美味しかったです。店内は朝からお客さんがいっぱい。こんなに素晴らしいものを朝から食べられるなら、いっそのことこの町に移住しようかしら、空気もきれいだから、風邪体質には向いた気候風土だろうし・・・なあんてちょっと真剣に考えてしまいました。

leiraniさんにそう言ったら、「だめよ、この町には喫茶店と本屋が無いから」と言われてしまいましたが、ほんとうにそうなんですか?


c0025724_214653100.jpg

上左は「海鮮丼とまぐろの中落ち丼」、上右は「かさごの唐揚げ」

美味しいのはよかったけれど、食べすぎました。


この続きはこちら

by foggykaoru | 2007-11-26 21:54 | ほんとうの生活

ランサム三昧の日々(1):ヤマネコ号でねむる

この連休はランサムで大忙しでした。

怒濤の日々は、22日にすでに始まっていました。
夕刻、仕事を無理矢理片づけて都内某所に集合。車で一路、西伊豆へ。
目指すは2本マストのスクーナー、ヤマネコ号ことAmi号の待つ港へ。

この船のT船長はランサムのファン。この方とARCが「もう知り合った」したいきさつはCOOTさんのブログのこの記事に書かれています。そして、ヤマネコ号はARC会員であるO船長のヨット「ツバメ」と同盟を結んだわけなのですが、そのあたりはこの記事この記事に書かれています。

その後、T船長もARCに入会。そしてこのほど、ARC20周年記念のイベントとして、ヤマネコ号クルーズが実施される運びとなったのです。

この夜、ヤマネコ号に向かったのは海くまさんご夫妻、leiraniさん、どりすけさん、Fさん、O船長、そして私。

10時過ぎ、ヤマネコ号に乗船。
その船室にはストーブが元気よく燃えていて、私たちを暖かく迎えてくれました。

私はストーブのある、メインの船室の寝だなで寝ました。

私の寝袋はマダガスカル旅行のときに買ったもの。つまり夏仕様。
加えて、前日から鼻が詰まるようになり、喉の調子も今ひとつだったので、うかうかしていると本格的に風邪を引くかもしれない、、というわけで、十分に寒さ対策をしました。まず、ズボン下をはき、長袖のパジャマを着る。その上にセーター、そしてゴアテックスの上下を着て、寝袋にもぐりこみ、さらにその上に貸していただいた毛布と、着ていったロングのコートをかける。足先の冷えを防ぐためには、使い捨てカイロを貼り付けたソックスをはき、その上にさらに厚手のハイソックス。
これだけ着たら、さすがに大丈夫。

朝6時、暑くて目が覚めました(苦笑)


続きはこちら

by foggykaoru | 2007-11-25 21:28 | ほんとうの生活

本栖湖の1日

c0025724_2014598.jpgランサム展が終わった次の週末に泊まりのイベントを入れるのをためらわないのが、ARCの男ナンシイことCOOTさんなのであります。

銀座で慣れないお仕事をさせられた小ツバメの慰労会としては、素晴らしい企画だとは思いますけどね。

冗談じゃないと思いましたが、以前写真で見た本栖湖があまりにも素敵だったので、ぐらぐらっと来ました。

私、老後は空気がきれいなところに住みたいんです。その下見も兼ねて行こうかなと。実を言うと、先週から今週にかけては相当忙しかったのですが、平日に目一杯頑張ればなんとかなるかも・・・とも思ったり。

でも、私以外の泊まりがけの参加者はみんなテント持参。1人でバンガローに泊まるのはちょっとねえ、、ということもあり、また、結局は土曜日にも仕事を始めとする用事がずれこんだので、日曜日に日帰りすることにしました。

本栖湖直通バスというので行ったのですが、私は外国でしか長距離バスに乗ったことがないもので、なかなか面白い体験でした。いろいろなところに「日本」を感じられて。それに、日本というのは自然に恵まれていますね。首相に言われなくても美しい国です。

そして、富士の山!!!
「美しい日本」の中で、掛け値なしにいちばんの山です。

そして、本栖湖。
その昔、カレンダーで見た、カナディアンロッキーのレイク・ルイーズを思い出しました。アガサ・クリスティーをして「世界中でいちばん美しいところ」と言わしめたところ。(スケールの大きさは全然違うのでしょうけれど。)
ただ、本栖湖畔には家を建てられる場所はありませんでした。

残念なことに、この日は朝から天気がぱっとせず、私(とMinnowさん親子)がバスを降りた頃から、本降りになってしまいました。
雨にけぶる湖を眺めながら、マリア大おばさんが手づからお作りになったティーブレッドとスコーン、そしてシンバットママお手製のジンジャービスケット等を美味しくいただきながら、「はて? 今日は何をしにやってきたのかしら?」

c0025724_20475625.jpgそれでも、雨が小降りになったところで、Minnowさんが果敢に帆走にでかけます。
そして無事帰ってくると、「乗りません?」と声をかけてくださいました。
彼女の帆走ぶり、私の目からはとっても手慣れた感じでした。
なにしろ、ちゃんと思ったとおりの方向に進むことができるんですから。
ランサム読んだだけでそんなことができるようになるなんて、スゴイ!!
湖上から富士の雄姿を望むことこそできなかったけれど、向かい風のときに小ツバメの下からきこえてくる「ちゃっちゃっ」という水音を楽しみながら、短い航海を堪能しました。

雨にたたられたけれど、よかったです。
美味しい空気を吸えたし、きれいな景色を見ることができたし、小ツバメにも乗れたし。

まさに英国的な、ランサムな1日でした(^^;

by foggykaoru | 2007-06-29 20:41 | ほんとうの生活

小ツバメご苦労様

c0025724_17291455.jpg

17時、ナルニア国から撤収開始。
銀座の町中を凱旋パレードして、あとはおうちに帰るだけ。

by foggykaoru | 2007-06-17 17:29 | 児童書関連

小ツバメ設置完了

c0025724_1714105.jpg

by foggykaoru | 2007-06-01 17:14 | 児童書関連

小ツバメの搬入

c0025724_1761262.jpg

by foggykaoru | 2007-06-01 17:06 | 児童書関連

ここにもヨットが

c0025724_6413577.jpgクロアチアのプーラのお店のディスプレイ。ウィンドウ越しのわりにはちゃんと撮れてるほうですが、普通の人にとっては「だからって何?」なのだろうとボツに。

店内にはこれ以外にも船っぽいインテリアグッズがいっぱい。それも高級感のあるものが多くて、目の保養になりました。

このお店、奥の方は本屋さんでした。
こんな本とかこんな本を見つけました。

メインサイトにて旅行記「アドリア海の風に吹かれて」連載中。
プーラのことはNo.17とNo.18に書いてます。
No.18にはプーラのアンティーク市の写真をアップしてます。このヨットのディスプレイに反応したあなたにとっては必見です。たぶん。

by foggykaoru | 2007-05-13 07:04 | メインサイトのボツ写真

素敵なディスプレイ

c0025724_11401167.jpgクロアチアのザダルで見つけたお店のショーウィンドウです。

フラッシュ無しで撮らざるを得なくて、案の定ピンボケ写真になってしまいました。
いくら縮小してもごまかしようがなくて、泣く泣くボツに。

「アドリア海旅行記」、メインサイトに連載中です。

by foggykaoru | 2007-03-04 11:47 | メインサイトのボツ写真

ドブロブニクで見つけた謎なオブジェ

c0025724_8314997.jpgドブロブニク旧港の脇に置いてあって、瞬間的に「あら、いい感じの船♪」と思って撮ったのですが、見れば見るほど変。なんとなく変。
ひょっとして、粗大ゴミなのでしょうか?
それにしちゃ、全体的にこぎれいなんですが。

メインサイトに旅行記「アドリア海の風に吹かれて」第五弾アップしました。

この写真、最初は記事に掲載するつもりでした。
でも、貼り付けてみたら、なんとなく他の写真と雰囲気が合わなかったので、最終的にフランシスコ修道院の写真に差し替えました。

by foggykaoru | 2006-10-28 08:41 | メインサイトのボツ写真