タグ:未分類 ( 87 ) タグの人気記事

羆撃ち

表題は「くまうち」と読みます。
最近、猟師ものを読んできたが、これが集大成?になるのかも。
久保俊治というハンターの自伝。

北海道に生まれ育ち、日曜ハンターの父親に猟の手ほどきを受け、プロのハンターになる。
若いときは本当に猟1本で食べていた。
そういう人だから、極限に近いような経験も多々しているんだけれど、普通、そういう人が自分の体験を人に読ませるだけの文章で書けるかどうかというと、たいていは書けない。
この人は貴重な例外。読ませます。
読んでいて息がつまるような瞬間もたくさん。

自分の理想となる猟犬も育て、一緒に猟にでかける時期もあったが、やがて別れがくる。

読んだあと、検索してみたら、この作者はハンター界のレジェンドみたいな人で「情熱大陸」や「プロフェッショナル 仕事の流儀」などに出演したことがあるのだそうだ。
観たかったなあ。

繰り返しになるけれど、息がつまるような現実はちょっとキツイです。
で、「猟師の肉は腐らない」を再読して、息を抜いた私でありました。


[PR]

by foggykaoru | 2018-05-20 19:55 | 伝記・評伝 | Trackback | Comments(0)

京都ぎらい 官能編

井上章一による「京都ぎらい」の第二弾。

二番煎じだし、いまいちかも・・・と思いつつ読んだのは早数週間前。
もうほとんど忘れてしまったが、それなりに面白かった。

いちばん印象的だったのは第五章「共有された美女」
(ていうか、この章しか覚えていない・・・(涙))

後深草上皇と、その側室・二条、そして彼女に群がった多くの男たちの話。
二条という名前と、彼女が書いた「とはずがたり」という題名などはなんとなく知っていたけれど。
そして、当時と今とでは性道徳が全く違うけれど。

ひょえ~と思いました。

後深草という人は、ひ弱なキャラとして知られているそうで。
でも、著者はもっと深読みします。そこが面白い。

興味がおありの方はぜひ。

[PR]

by foggykaoru | 2018-04-29 17:54 | 日本の歴史 | Trackback | Comments(2)

白洲家関連のお話あれこれ

すっかりサボってしまいましたが、実は友人たちと誘い合って3月に鶴川の「武相荘」に行ってきました。
興味深いもので、特に本に埋もれた感じの正子の書斎が印象的でした。
お昼時に行ったので、ランチもとりました。
ちょっとお値段が張るのですが、なかなか美味しかったです。

私たちが出るとき、旗を立てた団体客が入ってきたのには驚きました。

で、武相荘訪問の準備として、次郎・正子の娘である牧山桂子さんの「白洲家の晩ごはん」「次郎と正子」を読みました。
武相荘のショップで「Play fast」と書かれたTシャツを見かけて、「Play first(まず遊べ)じゃなくてfastなのはなぜ?」と思ったのですが、そのあとで読んだ桂子さんのご亭主である圭男さんの「白洲家の日々---娘婿が見た次郎と正子」を読んで謎が解けました。
このplayはゴルフのこと。
次郎が常々、「ゴルフのプレーはさっさとプレーしろ」と言っていたからだったんです。

いちばん面白かったのは、「舅が次郎、姑が正子、その二人の娘が嫁だなんて、大変そうだ」と言われていた圭男さんの言葉です。
それは「台風の目の中にいるようなものだった」

いやー 存在自体が面白い家族ですな。








[PR]

by foggykaoru | 2018-04-01 22:25 | エッセイ | Trackback | Comments(2)

移住女子

伊佐知美という人が、移住した女性にインタビューしてまとめた本。

内澤旬子が小豆島に移住した本を読んで以来、移住というものにちょっと心惹かれるのだが、この本に登場するのは若い女性ばかりなので、ちょっと違ったかなという感じがした。
でも、自分で考えて、自分が暮らすべき土地を納得の上で選んだ女性たちに拍手!

この中の何人かは、311がきっかけで、それまで当たり前だと思っていた生活に疑問を抱き始めた。
あれはほんとに多くの人の人生を変えたんだなと実感した。





[PR]

by foggykaoru | 2018-03-05 20:49 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)

猟師になりたい

猟師なんて、およそ私の趣味の対局にあるんだけれど、小豆島に移住した内澤旬子さんが猟をしているというのが頭の隅に残っていてた。
で、この本のタイトルに惹かれて読んでみた。
なんでまた世の中にはそんなことをしたくなる人がいるんだ?と思って。

著者の北尾トロという人は、長らく東京を拠点としてライターをやっていたが、思い立って長野に移住。
そして思い立って猟師になろうとする。(その理由は忘れた・・・涙)

今、日本では猟師が必要とされているんだそうだ。
なので、免許をとろうとしている人にはわりと親切に対応してもらえるみたい。
銃刀法が厳しいので、銃のロッカーが必要なだけではなくて、ロッカーは家に作り付けにしなくちゃいけないんだって。(ロッカーごと持っていかれてしまうと困るから。)

免許を取得しても、実際に猟に出て、すぐに獲物を取れるわけではない。
でも、楽しそう。
自然を見る目が変わってくるんだって。
で、猟なんかにまるっきり興味を持っていない私(しつこい!)ですら、「老後に猟をするのって悪くないみたい」という気分になりました。

この本の続編、読むかも。

[PR]

by foggykaoru | 2017-12-20 20:56 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

夫の悪夢

著者は藤原美子。
「夫」とは藤原正彦。

もう藤原家の人々の本を読むことはないと思っていたけれど、この人の本はまだだったので、たまたま見つけて読んでみた。

うまいです。
藤原ていと新田次郎の息子である藤原正彦に文才があるのは意外ではないけれど、DNAの結びつきのない奥さんまでこんなにうまいなんて、いったいどうなっているんだろう?

雑誌連載のエッセイ集なので、1篇が短い。もうちょっと長いほうがいいんだけど。

藤原ていの文章を読むと、夫との仲はいったいどうだったんだと思いたくなるほど、言い方に棘があるんだけれど、この本をよんで、いやいや、言いたいことが言えて書くときも遠慮せずに書けたぐらい、安定した夫婦だったんだなと思った。
そして、ご本人とダンナ正彦氏の間も、とっても風通しがよくて、良いご夫婦なんだなと。

なんだかんだ言って、悪くない本でした。



[PR]

by foggykaoru | 2017-12-17 10:40 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

帰宅の時代

リンポウ先生こと林望のエッセイ。

バブルが弾けた後、延々続く不景気な時代に書かれた。
「もう仕事で残業することもない、さっさと帰宅する時代だけど、それを吉としようじゃないか」という本。

一番面白くて、今も覚えているのは、本編ではなくて、リンボウ先生の息子さんが書いた「解説」。

そのくらい、印象が薄い本でした。

[PR]

by foggykaoru | 2017-12-04 20:51 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

日本の路地を旅する

上原善広著。
ここで言う「路地」はいわゆる「被差別部落」の意味。
全国の「路地」を探訪した記録で、路地生まれの著者だからこそのルポである。

東京に住んでいると、同和問題というものも、遠い世界の話という感じがするが、関西では非常に生々しい問題なのだときいている。
「エタ」「非人」という呼称は知っていた。
けれど、この二つが違うということを初めて知った。
どう違うのか、もう忘れてるが(トホホ)

城が作られると、必ず「路地」が作られる、というのが興味深かった。
為政者が必要とするのだ。なぜだったっけ。もう忘れてる(号泣)
被差別部落というと、精肉とか革のなめしくらいしか思いつかないけれど、他にも独自の職業があったらしい。ああ記憶があやふやだ。

大宅壮一ノンフィクション賞受賞だというけれど、ちょっと受け止めきれなかった。

著者の「心の旅路」の記録という印象が強く残っている。






[PR]

by foggykaoru | 2017-11-14 20:20 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)

ほんもの

副題は「白洲次郎のことなど」
著者は白洲次郎の妻である白洲正子。

この夫婦と青山二郎という人の名前は昔から知っているのだけれど、いったいどういう人たちなのか、さっぱりわかっていなかった。
この本のお蔭で長年の疑問がようやく解けた。

興味深い夫婦ですねえ。

そして、巻末の解説を書いているのが夫妻の娘。
これが面白い。もしかしたら、本編よりも面白い?!
有名人の子どもが、親をネタにして商売しているのを馬鹿にしていた。でも気づいたら自分も同じことをしている、、と正直に言っているところがオモシロイ。
しかも、「母は子どものことをほっぽらかしにしていたと言っていたけれど、それは本当。だから子どもたちはみんな、ろくなものになってません」と結んでいる。あっぱれです。

白洲次郎は「これから戦争で大変なことになる」と考え、田舎にひっこんで農業を始めた。
イギリスのカントリージェントルマンをお手本にしたらしいけど。
その「田舎」というのが、小田急線の鶴川で、旧白洲邸は「武相荘(ぶあいそう)」という名前で一般公開されているのだそうだ。

今度そっち方面に行く機会があったら、寄ってみようかな。

[PR]

by foggykaoru | 2017-10-22 21:50 | エッセイ | Trackback | Comments(2)

もしも紫式部が大企業のOLだったら

マンガです。
著者は井上ミノルという人。

自分では買わないけど、図書館で見つけたので。

私は、源氏物語の登場人物をマンガで解説してる本と勘違いしたのだけど、これはあくまでも紫式部とか、清少納言とか、和泉式部とか、藤原道長とか、平安時代の実在の人物がどんな人だったのか、、、という話だったのでした。

けっこう面白かったです。
もう忘れちゃったけど。

高校時代にこういう本があったら、もうちょっと日本の古典に興味を持ったかしら。



[PR]

by foggykaoru | 2017-10-02 20:12 | マンガ | Trackback | Comments(0)